たくさんの人への結婚報告

結婚披露宴の起源

結婚披露宴はいつどのような形で行われるようになったのでしょうか。
その起源について考えてみたいと思います。

婚礼文化は、平安時代の婿入り婚が始まりとされています。
それは、夫が妻の家に三日連続で通うことで結婚を認められるというものでした。
三日目の晩に、妻の自宅で両親や親せきなどに新郎をお披露目する宴が開かれました。
披露宴の始まりともいまれています。

なので披露宴の起源から考えると、結婚した相手を披露するという意味合いがあります。
それが武家社会の発展によって、逆に嫁入り婚へと変わりました。
男性の家に嫁として嫁ぐというかたちで家族の一員をして認められると、結婚が成立します。
そして夫の自宅にて両家の両親や親せきなどを招いて、お嫁さんの披露をするようになりました。
それが嫁入り婚の結婚披露宴の始まりです。

それでは今の結婚披露宴のスタイルに最も近い起源とは、どのような形でしょうか。
現在の結婚披露宴を大きく支えているのが、ウェディング業界やブライダル業界の発展です。
この業界が生まれなければ、ここまで日本の結婚披露宴の発展はなかったといえます。

ウェディング業界は、明治時代に西洋の写真の技術を学んだ写真館がきっかけです。
写真館が結婚の記念に夫婦の記念撮影を始めました。
そして地元の美容関係者と写真館が一緒になって、結婚の記念写真やお見合い写真などを手掛けるようになりました。
とくに戦前はほとんどがお見合い結婚で、相手を知る材料の一つとして写真はとても有効的でした。
そのためとても需要も多くありました。

戦後において結婚式場の一角に写真スタジオを置かれるところがふえ、より一層ウェディング業界を盛り上げる要因にもなりました。
その後ホテルでの結婚披露宴を行うことが上級階級の間で流行していきました。
そえがきっかけでホテルでの結婚披露宴が始まりました。

また当時目黒雅叙園という料亭にて、結婚披露宴が行われました。
これが結婚式場という起源の始まりです。
戦後になると、明治記念館、八芳園、日本閣、白雲閣などの料亭がルーツとなった結婚式場がブームとなりました。
これらの結婚式場が全国各地にビジネスとして専門式場を作りあげていきました。

その後ホテルや結婚式場が主な結婚披露の場として考えられてきました。
1990年代に入り、レストランウェディングがブームになりました 。
これは結婚披露宴で料理へのこだわりから生まれました。
そしてレストランウェディングと結婚式場のノウハウが組み合わさって生まれたものが、ゲストハウスになります。

新郎新婦らしい自由に設計出来るゲストハウスはとても人気が高く、ほとんどが貸切で行われるところが多くなっています。
完全なプライベートな空間が成り立ち、会場もヨーロッパなのような空間が披露宴を盛り上げてくれています。

このように時代とともに結婚披露宴の需要も変わり、新たな披露宴のスタイルが次々と確立しています。
Copyright(C) 新郎新婦からのおもてなし All Rights Reserved.