たくさんの人への結婚報告

結婚披露宴でのマナーとは

これから結婚を迎えるカップルのうち披露宴を行う人たちが減ってきています。
以前では出来ちゃった結婚や再婚などでも、披露宴は行っていました。
それは結婚披露宴は二人にとって、けじめの一つでもあり、結婚の報告の場所でもあります。
そういった意味でも、本来は結婚披露宴をどんな状況でも行う人が多かったです。
なので結婚披露宴に出席する機会も少しづつではありますが、減ってきてしまっています。

機会が少なくなってしまうと心配になるのが、結婚披露宴でのマナーです。
出席する回数が少ない場合、場馴れしていないため結婚式ならではのマナーをつい忘れてしまいがちになります。
ここでは、結婚披露宴に出席する際に、しっかり知っておきたいマナーを確認しておきましょう。

まず披露宴会場にま余裕を持って30分ぐらい前には到着しておきましょう。
披露宴当日に、交通機関のトラブルなどで時間が間に合わないことも考えられます。
なので時間には余裕を持って、早いかもしれないと思うぐらいでも十分です。

披露宴会場では早めに受付を済ませておきましょう。
その際に両家のご両親を見かけたら、一言ご招待いただきありがとうございますとお声をかけましょう。
そして周りのゲストとともに、コミュニケーションなどをとっておきましょう。

久々に会う知り合いなどもいるかと思います。
あまり大声でしゃべったり騒いだりしないようにしましょう。
会話などで周囲したいことは、終わる切れる最後などといった縁起の悪い言葉は使用しないようにしましょう。

結婚披露宴は、とてもめでたい日です。
なので縁起の悪い言葉は使わないように、表現に気をつけてしゃべるようにしましょう。
挙式が無事に済んだら次は、披露宴です。
披露宴会場では、座席表をもとに席が決められています。
席に着く際には、新郎新婦の友人など若い人たちが先に着席するのが基本です。
最後に年配の方や来賓の方が着席されます。
若い人たちは、年配の人に対して、待たせるようなことをしてはいけません。

披露宴中は、なるべく歓談中に席から離れるようにしましょう。
決して、スピーチや誰かが話している最中、DVDの上映中などあまり移動しないように心がけましょう。
細かいことかもしれませんが、披露宴の雰囲気はほんの少しのことでがらっと悪い方へ変わってしまうこともあります。
しっかりとしたマナーを身につけ、披露宴を楽しい時間にしていきましょう。
Copyright(C) 新郎新婦からのおもてなし All Rights Reserved.