たくさんの人への結婚報告

披露宴の費用ってどれくらい?

経済状況の変化などから結婚披露宴にお金をかける人が少なくなりました。
その一番の理由は、やはり費用の問題だといえます。
結婚式や披露宴をするためには、何百万ものお金がかかるから、もったいないと感じているカップルもいます。
同じお金を使うのであれば、違うことに使いたい、もしくは今度の生活のために貯蓄しておきたいというカップルもいます。

実際披露宴にかかる費用とはどのぐらいが一般的なのでしょうか?
もちろん式場や人数によって費用も大きく変わっています。
平均的な披露宴の費用としては、安くても200万から300万近くかかる場合が多いです。
やはり高いなと感じる人も多いかと思いますが、ご祝儀などのお祝金の差額が実質の負担額になります。
なので、人によっては100万円以内の負担になることが多いです。

支払いの方法は披露宴会場によって異なります。
披露宴後にすべての清算をする場合は、最初から差額分だけの支払いになります。
前払いの場合は、一時的に多くのお金が必要になりますが、ご祝儀分が後でカバーできるので実質負担額は減ります。
もちろんゲストの人数、料理のランク、引き出物の内容などは、準備する数が多い分負担額も増えてしまいます。
http://spybubblefreedownload.com/hotel.htmlに各会場ごとのメリット・デメリットがかいてありますので、
比較・検討してみてください。

またhttp://www.whymarriagemattersmaine.com/check.htmlにも書いてあるように、最も金額が大きく左右しがちなのが、衣装代です。
女性のお色直しの回数によっても、大きな差があります。
特にウェディングドレスは、選んだものによって金額の差が最も出やすいです。
衣装代はプランとして提案されることが多いです。
プラン内でおさめられたら、予算内でおさめることもできます。
なので自分次第で、披露宴の費用は十分調整しやすいということです。

また披露宴を行う時期やお日柄によっては、金額が安くなることがあります。
よく耳にするのは、仏滅や平日に結婚式を行うと安くなる会場が多いです。
さらに三か月以内に、お急ぎで結婚式を挙げたい人、連休の中日、オフシーズンなども安くなる条件としてあげられます。

仏滅は身内や周りの人の印象を気にする人がいたり。
平日は参列者の都合なども合わせにくいことも考えられます。
なので親御さんや周りの人に相談してから決めましょう。
一番の狙い目は、連休の中日か オフシーズンの結婚披露宴です。
年末でせわしなく感じる12月や真冬の2月、梅雨の6月、真夏の7月8月などがオフシーズンです。

オフシーズンに入る一週間前とオフシーズンでは、一週間違うだけで費用が大きく変わる場合があります。
またキャンペーンやご成約特典などで、写真代や演出を無料で行ってくれる場合もあります。
いろんなことを上手に活用すれば、結婚式の自己負担もかなり抑えられます。
Copyright(C) 新郎新婦からのおもてなし All Rights Reserved.