たくさんの人への結婚報告

世界の結婚披露宴の光景

日本では、挙式の後に披露宴を行う場合が多いです。
その後に行われる披露宴に関しても、おおよその流れがあります。

新郎新婦の入場の後、来賓による祝辞、乾杯、ケーキカット、お色直し、友人スピーチ、余興、お色直し、キャンドルサービス、花嫁の手紙、新郎挨拶が一般的です。
この流れに沿って、削る部分や追加する部分、順番を入れ替えたりなど、新郎新婦が思い描く結婚披露宴へプランニングします。

日本の結婚披露宴の中には、海外で行われているものを取り入れていることも多いです。
それでは実際に海外ではどのような結婚披露宴を行っているのでしょうか。
まずアメリカでは、日本でいう仲人の代わりに、付添人を立てます。
新郎のアシスタントをするベストマン、新婦のアシスタントをするメイドオブオーナーがいます。

挙式のサポートをするブライズメイド、招待客やブライドメイドをエスコートするグルームズメンやフラワーガール、リングベアラ―の協力のもと行われます。
披露宴では、ベストマンのスピーチがあり乾杯をして始めます。

食事を楽しみながら新郎新婦のファーストダンスも行われます。
ウェディングケーキもカットした後は、ファーストバイトをして、最上段は新郎新婦のケーキとして残されます。
それ以外はゲストにふるまわれます。

ブーケトスは未婚の女性たちが集まり、ブーケを新婦が投げます。
そのあとガータートスといって、未婚の男性が集まり新婦のガーターを外しそれを投げます。
拾った男性が次の花婿といわれています。
その後ガーターを拾った男性が、ブーケを受け取った女性の足にガーターをつけるという風習があります。

お隣の韓国の結婚披露宴では、花嫁の準備が完了すると控室で花嫁と写真撮影する時間が一時間近く設けられています。
招待されたゲストととの時間をゆっくりとることができて、写真撮影などもたくさん行えます。

その間両親は、招待したゲストのお出迎えをし、挨拶をします。
いよいよ結婚式の始まりの前にお互いの母親が手をつないで入場します。
その後新郎新婦が入場して挙式が始まります。

挙式の後は、韓国婚礼儀式が始まります。
韓服に着替えて、身内だけで幣帛がおこなわれます。
その間参列者は、バイキング方式のお食事などをして、婚礼儀式が終わるのを待ちます。
その儀式が終わった後は、新郎新婦がゲストのもとに行き、各テーブルに挨拶をしていきます。

韓国では結婚披露宴という決まったものはありませんが、韓国独特の婚礼儀式を重んじています。
そのほかにもいろんな国の結婚披露宴があります。
それぞれの国のならわしを日本でも取り入れていたりしています。
Copyright(C) 新郎新婦からのおもてなし All Rights Reserved.