たくさんの人への結婚報告

どこまでOK?お色直し

結婚披露宴で新郎新婦やゲストにとっても楽しみなのが、衣装です。
結婚披露宴では、お色直しを行うカップルがほとんどです。
せっかくの結婚式だからこそ、いろんな衣装を着たいと女性は思います。
その為、衣装にかかる費用な時間は結婚披露宴に大きく影響してしまいます。

そして結婚披露宴は、披露宴の時間が決められているところがほとんどです。
なのでお色直しを何度もしたくても、時間的に限られることが多いです。
基本何回までと決まっているわけではありません。

しかし枚数が多ければ多いほど、その分お色直しに時間がかかってくるのは当然です。
となるとその分、新郎新婦が中座することが多くあまりゲストとの時間をとるのが難しくなってしまいます。
そのことを踏まえたお色直しの回数を決めておきましょう。

ゲストとの時間とお色直しにかかる時間をバランスよく考えると、最大3回のお色直しが限度だといえます。
3回のお色直しは、白ドレス1着に、カラードレス2着のパターンの多いです。
もうひとつは、和装、白ドレス、カラードレス各1着づつにするのかどちらかが多いです。
基本的にドレスだけのお色直しであれば、さほど時間も取ることなく行うことができます。

しかし和装の場合は、時間がドレスに比べてかかってしまいます。
また和装を着るタイミングや髪形を制限される場合もあります。
例えば教会で式を挙げる場合、白のウェディングドレスを着ます。
そのあと披露宴では、和服で入場して、お色直しでカラードレスといったパターンが一番多いです。

また髪形も和風の髪形から、ドレス用の髪形にするのが、地毛の場合はとても難しいです。
なの和装の髪形ではなく、洋装のドレスよりのヘアーセットにしてほしいといわれることもあります。

お色直しが多くなると、ゲストとの時間も取りにくくなります。
また費用などももちろんその分高くなります。
なので無理なく、新婦の気に入ったドレスを選び絞り込んでいくといいでしょう。
Copyright(C) 新郎新婦からのおもてなし All Rights Reserved.