たくさんの人への結婚報告

退屈させない結婚披露宴

結婚披露宴は新郎新婦が結婚しますと報告する場です。
多くのゲストに足を運んでもらい祝福を受けます。

主役はもちろん新郎新婦ですが、披露宴当日を一緒に楽しんでもらえるようにおもてなししていかなくていけません。
二人のために貴重な一日を、何カ月も前から予定を入れてもらっています。
当日も服装やヘアセットなどの身だしなみや移動など、準備することも多いです。
二人のためにいろんな準備をして、当日を迎えるわけですから、感謝の気持ちを込めて披露宴を行いたいですよね。

そんなゲストのために、一番考えなくてはいけないことが、退屈だと感じさせない披露宴にすることです。
結婚披露宴は、短くても2時間から3時間の時間がかかります。
その時間は新郎新婦は、あっという間に思えても、ゲストにとって長いと感じるかあっという間と感じるかは披露宴次第です。

まず退屈させないために絶対気を配る点は、座席の配慮です。
職場関係、友人関係、親せきなどゲストの関係ごとに座席は分かれて座ることが多いです。
その時に両隣りに座る人同士が、会話を楽しむことが出来るような配席にしましょう。

ほとんど人と話すことなく過ごす3時間は、とても退屈になってしまいます。
なので配席だけは、しっかりと考えて披露宴当日を迎えましょう。
そして退屈させないための事前準備の一つとして、ペーパーアイテムの活用がお薦めです。
披露宴では、新郎新婦がお色直しなどで長時間退席してしまう場合があります。
そんな時に、見て楽しめるようなペーパーアイテムがあると、見たり読んだりして楽しんでもらえます。

またゲスト同士のトークのきっかけにもなるので、準備されるといいでしょう。
内容は、新郎新婦のプロフィールや出会いのきっかけ、交際期間の思い出などもいいでしょう。
ゲストが知らなかった二人の関係が伝わらうので、よりいっそう祝福したいと感じてもらえるでしょう。

また新郎新婦の退席中には、二人のプロフィールビデオなども今では定番になりつつあります。
新郎新婦のことをお互いよく知ってもらえるとてもい機会にもなります。
懐かしい写真が出てきて、身内が喜んでくれたり、友達が懐かしがってくれたりと、ゲストみんなが楽しんでもらえます。

それ以外では、受付や披露宴会場の入り口に二人の思い出の写真をいっぱい並べたりするのもいいでしょう。
披露宴が始まる前までの時間を退屈しないように過ごしてもらったり、披露宴中でも会場の外に出たときに見てもらうこともできます。

貴重な時間を作って参列してくれたゲストに対して、新郎新婦の思いやりの気持ちも伝わります。
Copyright(C) 新郎新婦からのおもてなし All Rights Reserved.