たくさんの人への結婚報告

新しい形の結婚披露宴

今の結婚披露宴のスタイルも、ある程度の型にはまった部分があり、その中で新郎新婦らしさを求めてプランニングしていくケースが多いです。
しかし中には今までの披露宴という雰囲気でなく、もっと新しい形の結婚披露宴を実現した人もいます。

例えば、結婚披露宴を二部制にするという新たな結婚披露宴のスタイルです。
二部制とは何かというと、簡単にいえば出席者を分けて、二回違ったパターンの披露宴を行うということです。

なぜそのような考え方にたどり着いたのか、それには理由があります。
新郎新婦にとって結婚披露宴は一生に一度の記念すべき日です。
なので二人らしい披露宴にしようと、友人を中心に盛り上がる余興などを考えても、その間親せきや身内は退屈なのではと考えたからです。

またその逆に親せきや身内に合わせた披露宴になると、改まった感じになってしまい友人が楽しめないと感じるからです。
そもそも年代層が違う各世代みんなで、すべてにおいて楽しんでもらうのは難しいことです。
そのため二部制に分けたら、それぞれこだわった内容が出来るというメリットがあります。

まず一度目は、親族や親せきなどの身内だけで行う披露宴です。
ここではお食事をメインとして、お互いの家族の親睦を深めあうことができます。
披露宴では、ご両親はあいさつ回りなどでゆっくりとお食事を楽しんだり新郎新婦との時間もあまりもてません。
なので身内だけであれば、気兼ねなく新郎新婦との時間も大切にすることができます。

二度目は、職場や友人を中心とした披露宴です。
あまり格式ばったものではなく、二次会よりも料理や衣装などが豪華なイメージの披露宴です。
結婚のお祝いも会費制にして、気軽なものであれば、立食やバイキング形式のものなどにする人もいます。

ケーキカットや余興など友人同士だからできる、アットホームでラフな披露宴が可能です。
新郎新婦との時間もたくさん取ることもでき、多少騒いで盛り上がっても大丈夫な雰囲気になります。
自分たちの自由な披露宴が可能なので、和気あいあいとして、新郎新婦もリラックスして楽しめる時間になるでしょう。

またもう一つ新しい形の披露宴として、フリーのウェディングプランナーによるプロデュースも人気です。
結婚式場のプランナーでは、そこの式場で出来る範囲のことができません。
それがフリ―のプランナーであれば、いろんなじがらみもなく新郎新婦の思い描く披露宴を行うことができます。

例えば、動物が好きなカップルに動物園での結婚披露宴を提案したり、サーフィンが好きなカップルには海辺での挙式などをプランニングしてくれます。
型にはまらない、二人の希望を追求した結婚披露宴が実現するでしょう。
Copyright(C) 新郎新婦からのおもてなし All Rights Reserved.