たくさんの人への結婚報告

日本ではどんな披露宴が多い?

結婚披露宴とははたしてどのような披露宴が多いのでしょうか。
何度か結婚式に出席したことがある人は、想像しやすいかもしれません。
具体的にどのようなことが常識なのか、一般的な流れをして解くと安心してプランニングできます。

まず結婚披露宴の一通りの流れを説明したいと思います。
挙式後にゲストが披露宴会場に全員が集まったところで、新郎新婦が入場します。
入場後は、二人の紹介がおこなわれます。
媒酌人を立てた場合は、媒酌人からの紹介になります。
媒酌人を立てない場合は、司会者からの二人の紹介が多くなっています。

次に来賓の人による祝辞です。
主に、新郎新婦双方の職場の上司からの祝辞になります。
祝辞の後は、乾杯のあいさつです。
乾杯が終わると、披露宴の始まりでお料理などのおもてなしが始まります。

最初に新郎新婦が行うイベントとして、ケーキカットが多いです。
結婚した二人が最初に行う共同作業として行うカップルがおいです。
その後お色直しのために花嫁が先に退場します。
新郎も退場し、再入場されるまでの間は、余興やご歓談の時間になります。

この間に二人のプロフィールDVDなどが上映する場合が多いです。
新郎新婦がいない間、ゲストが退屈しないようにおもてなしの一つとして行います。
再入場の際にキャンドルセレモニーを行い、各テーブルに挨拶していきます。
友人のスピーチや友人の余興などがあり、披露宴のお開きへとちかずきます。

花嫁の手紙や花束のプレゼントが終わると、両家を代表して挨拶があります。
そのあとは新郎から、ゲストに対してお礼の挨拶があります。
最後に新郎新婦が退場して披露宴が終了します。
披露宴終了後は新郎新婦が、ゲストのお見送りをします。
すべてのお客様のお見送りが終わると、披露宴が無事終了します。

ある程度の流れは、このような形になりますが、大きな違いは、お色直しの数です。
今ではお色直しをしない場合や3回もお色直しをする場合もあります。
お色直しの回数が多いほど、披露宴会場にいる時間は短くなってしまいます。
なので、最近の披露宴では、お色直しの数を少なくして、よりゲストと触れあう時間を大切にするカップルが増えてきています。

披露宴の場合では、最低限行うものと、場合によっては行わないものと分かれます。
最低限行う物としては、来賓の祝辞、乾杯のあいさつ、新郎のあいさつなどです。
それ以外では、ケーキ入刀の代わりに鏡開きにしたり、二人のオリジナリティーを出すことができます。
オリジナリティーを出せるのはよいことですが、ものによっては会場選びが重要になってくることもあります。
一生に一度の大きな行事を行う会場選びはとても大切なことなので、
http://www.garydance.com/knack.htmlを参考にして自分たちに合った会場を選んでください。
Copyright(C) 新郎新婦からのおもてなし All Rights Reserved.