たくさんの人への結婚報告

披露宴の衣装選びのポイント

結婚披露宴を行うと決まったら、花嫁にとって一番楽しみなのが衣装合わせです。
純白のドレスや、カラードレス、和装など様々なものから何にしようかと選ぶ時間がとても楽しいと感じる瞬間です。
一生に一度の結婚披露宴で、これからずっと写真に一生残るので、選ぶときもとても慎重になります。

ただし、ウェディングドレスを今まで何度かきたという人はほとんどいないでしょう。
ということは、衣装選びの際に初めてウェディングドレスを決めることになります。
普段着ることがないものだからこそ、どんなものがに合うのかわからないと迷ってしまう人が多いです。

さらにいろんな衣装を着ていくと、どれも同じように見えてしまって、どれがいいのかわからなくなってしまう人もいます。
何着も着ていくと、体力も使うので、どっと疲れてしまう人もいます。
せっかくの衣裳ですから、納得いく一枚を選びたいですよね。
そのためにも衣装選びのポイントを押さえておきましょう。
http://www.ed-hardy-shirts.com/p9.html

まず衣装選びにおいて、何度お色直しを検討しているかということです。
今の結婚披露宴では多くて3回が限度です。
特に和装の場合は時間がかかるため披露宴できるタイミングをしていされる場合もあります。
さらにお色直しの中で、一番どれを重視するのか決めておきましょう。
特に予算などの都合で、どれにするか悩んだときに優先順位を決めておくと納得できます。

その次は、ドレスのデザインです。
今ではウェディング情報誌に様々なドレスの写真が掲載されています。
なのでそれを参考に自分がどんなドレスを着たいのかイメージをしておきましょう。
白ドレスでも、色合いやデザイン、素材などで大きく差が出てきます。
ラインもAライン、プリンセスライン、マーメイドラインなど様々です。
なのでラインだけでも絞っておくと、選びやすくなります。

最後に衣装選び当日のポイントですが、衣装合わせの際には専属のスタッフが付きます。
スタッフは、多くの花嫁さんのドレスを一緒に選んできています。
なのでいつもの自分の洋服スタイルで、来店しましょう。
普段の洋服で、その人の好みを把握して、その人に似合うだろうなと思うドレスを探すことができます。

またメイクもしっかりしていきましょう。
顔写りがとても重視されるので、化粧の雰囲気でも大きく変わってきます。

最後に事前に写真をとっていいのか確認をし、撮影可能であれば必ずカメラを持っていきましょう。
その時に、正面全身、後ろ姿全身、胸から上のアップの写真をとっておきましょう。

その3点が一番披露宴当日に写真として残るショットになります。
なのであとからゆっくり、確認するためにも残しておきましょう。
特にデコルテの部分は衣装選びのときに、あまり確認できていないこともあります。
http://idolheaded.com/wed.htmlにも衣装選びのポイントがまとめてありますのでよかったらご覧ください。
Copyright(C) 新郎新婦からのおもてなし All Rights Reserved.