たくさんの人への結婚報告

キャンドルサービスの演出

結婚披露宴を行う際に、様々なプランを考えて一つの結婚披露宴を完成させていきます。
その中で昔からおこなわれているプランの一つにキャンドルセレモニーがあります。
キャンドルセレモニーは、ほとんどの場合お色直しの後の入場の際に行われるプランとして定着しています。

もともとキャンドルサービスの歴史は、1970年のごろ日本で普及しました。
キリスト教式で行われるセレモニーの一つで「ユニティキャンドル」がきっかけです。
祭壇に飾られた三本のろうそくのうち、両サイドをのろうそくをお互いの母親が火をともします。
そして真ん中のろうそくを新郎新婦が、一緒に点火します。
これには、両家の火を絶やさず付きの世代に引き継いでいくという意味合いがあります。
これらの風習が日本にもわたり、今のキャンドルセレモニーの演出のもとになっています。

結婚広縁ではお色直しがあり、新郎新婦が披露宴会場に滞在している時間が限られています。
なかなかゲストの人たちと一緒に話す機会が持てないことが多かったです。
そのためキャンドルサービスで、各テーブルに挨拶をしながら回ることができます。
なので多くの人が、演出の一つとして取り入れるようになりました。

また新郎新婦から幸せの火をおすそわけするという意味もあり、ゲストみんなで幸せな気分になれる演出です。
それだけでなく会場全体も暗くなるので、ろうそくの火の幻想的な光が会場の雰囲気を一気に変えてくれます。
花火キャンドルやメインのキャンドルがシャンデリア型やシャンパンタワー型などが披露宴会場によって異なります。

今ではキャンドルセレモニーはろうそくの灯だけとは限りません。
中には火を禁止している披露宴会場のあるので、代わりに発光キャンドルも人気です。
新郎新婦によって注がれる液体によって、とても幻想的な光の演出が行われます。
各テーブルに注がれると、会場の雰囲気もいろんな色で輝きとてもきれいです。

お色直しをしない人や時間がかかるのでおこなわないというカップルも増えてきています。
しかし本来のキャンドルサービスの意味を知った上で行うと、よりよいプランになるのではないでしょうか。
Copyright(C) 新郎新婦からのおもてなし All Rights Reserved.