たくさんの人への結婚報告

ブーケトスは女性だけのものじゃない!?

結婚披露宴の一番の主役といえば、花嫁です。
花嫁のドレス姿や晴れ着姿は、どの参列者よりも美しいものです。
それは今日という日が、これから夫婦としての第一歩となる大事な日でもあるからです。
そんな日をより一層、華やかにさせるために、花嫁はとっておきの衣装を身にまといます。

そんな幸せな花嫁からのプレゼントの代表的なものとして、ブーケトスがあげられます。
独身の女性を対象が花嫁の周りに集まり、花嫁が投げたブーケを受け取った人が次に結婚するといわれています。
そんなブーケトスは女性だけのものと思いがちでしたが、最近では男性でもブーケトスをしたいという人も増えてきています。

アメリカの結婚式では、花嫁のブーケトスの後に新郎が花嫁が身に付けているガーターを外し、独身男性対象者に向かって投げます。
そのガーターを拾った男性は、ブーケを拾った女性にそのガーターを付けるという風習もあります。

日本では男性のガータートスをしっているひとは、少ないです。
でも男性からも、しあわせのおすそわけがあってもいいのではないでしょうか。
それに男性のブーケトスはほとんど行われていないので、ゲストの皆さんも楽しんでもらえるプランになります。

花嫁のようにブーケを渡すのも一つですが、実際に行った人のプランでいくつかあげてみたいと思います。
実際披露宴で行った男性版ブーケトスとして、ブロッコリートスがあります。
新郎がブロッコリーを投げ、受け取った人にマヨネーズを渡すなどといった面白いアイディアもあります。

また実用的なもので、新郎がお酒がとても好きな人が、ビール券が入った袋を投げ入れた人もいます。
新郎らしいセレクトで、思った以上に喜んでもらえて盛り上がったようです。

男性の場合は、女性のブーケトスほど迷信的なものを重要視していません。
なので独身の男性に限らず、きてくれた男性や女性も含めて全員のゲストに楽しんでもらうように行う人が多いです。
なので、ブーケトスのように、参加するのが恥ずかしいからと、控えめになるといったこともありません。

そして男性にとっても、自分が主役になるようなプランが少ないので大変喜ばれます。
まだまだ多くの人が行っているわけではないので、インパクトもあっていいプランのひとつといえます。
Copyright(C) 新郎新婦からのおもてなし All Rights Reserved.