たくさんの人への結婚報告

結婚披露宴の意味を知ろう

最近では、結婚式にも様々なスタイルが増えてきています。
いろんな結婚式に招待されていくと、この披露宴のこんなところがよかったなと感じるところも増えてきます。

結婚披露宴の主役は新郎新婦にになります。
実際に結婚披露宴のプランニングを考えるのも新郎新婦の二人がメインとなって考えていきます。
そこで気をつけなければいけないことの一つに結婚披露宴は何のために行うのかということです。

今では結婚式や披露宴を行わないカップルも増えてきました。
しかし、結婚前のカップルの多くは結婚披露宴をしたいという憧れがあるのも事実です。
単なる二人の思い出づくりであれば二人で結婚式をすればいいわけです。
そうではなく、身内や親せき、職場関係、友人など多くの関係者に集まってもらい行うのが結婚披露宴です。

本来の目的は、http://xn--h1s64a26mrz3awb1a.name/にもかいてあるとおり
結婚の報告を兼ねて新郎新婦が招待客をおもてなしするという意味があります。
特に最近では、親せき付き合いが疎遠になってきていたり、隣人との付き合いも少なくなってきています。

すると結婚をした場合なかなか報告をする場が持てません。
かといって一人ひとりの自宅に向かって報告しに行くのも大変です。
そんな時に二人にとって大事な人に集まってもらい、二人の結婚式を見守ってもらったり、料理や余興などでおもてなしをする場が結婚披露宴です。

今では新郎新婦の思い出に残る余興や結婚式へのあこがれやイメージが強く二人本位の披露宴になってしまいがちです。
結婚披露宴は2時間から3時間という時間をいろんな人と一緒に過ごすことになります。
だからこそいろんな人への配慮が大事になります。

二人の思い出や余興が、みんなも楽しんでもらえるものであれば全く問題がありません。
しかしそうではなく招待客の配慮に欠けてしまったものでは、意味がありません。
結婚してからお世話になる人たちばかりが招待客として出席してくれるわけです。
なので、出席した人からも、今日は二人のために来てよかった、素敵な結婚式だったと思っていもらえるような結婚披露宴にしましょう。
成功させるポイントがhttp://xn--h1s64a26mrz3awb1a.ws/でいくつか紹介されていますので
参考にして素敵な結婚披露宴にしてください。
Copyright(C) 新郎新婦からのおもてなし All Rights Reserved.